人工知能時代を乗り越えるため、国内外で利用される人工知能についてのサービス情報を発信しています。

AIを活用したケアマネジャー支援の実証実験

前のページへ戻る

説明会のご案内

株式会社ウェルモは、 2018年 9 月から福岡市ご協力のもと標記実験を開始しました。 この度、 実験にご協力いただける事業所を募るべく、 福岡市内にある居宅介護支援事業所を対象に、 1月21日(月)午前10時より、 福岡市役所にて説明会を開催します。

参加対象者:福岡市内の居宅介護支援事業者、 福岡県介護支援専門員協会会員
次   第:1.開会挨拶
2.フルサポート事業概要説明
3.実証実験内容説明
4.質疑応答
5.閉会

 

1.実証実験の目的

  1. ケアマネジャーの皆様にとって、 役に立つケアプラン作成支援ツールを開発します。 私たちは「CPA(ケアプランアシスタント)」というAI(人工知能)を活用することによりケアプラン第2表の作成を、 文章提案と専門知識の補完によって支援するツールを開発しています。 CPAの使用により、 文章作成の効率化や、 幅広い知見を取り込んだケアプランの作成が可能となります。
  2. 利用者に必要な介護サービスが、 より見つかりやすくなります。 福岡で展開する、 地域の介護情報を

    “見える化”

    した「ミルモシリーズ」に、 ケアマネジャーからの意見を取り入れ、 利用者のニーズに合った介護サービスを、 より検索、 選択しやすくいたします。

※CPAのデータ提供にご協力いただいた事業者様には、 CPAを導入する際に割引価格で提供いたします。

2.実証実験の具体的な流れ

  1. ウェルモは、 福岡市内の居宅介護支援事業所(以下、 事業所)に、 介護サービスの利用計画等を記載したケアプラン、 アセスメント等のデータ(資料)提供を依頼し、 ご協力いただける事業所からデータを提供いただきます。 ※提供を依頼するケアプラン等データは「個人情報」になりますので、 匿名加工処理(特定の個人を識別できないように個人情報を加工すること)が必要です。 事業所の皆様のご負担が少ない方法での実施を考えており、 詳細は、 本説明会にてご説明します。
  2. ウェルモは、 ご提供いただいたケアプラン等のデータを、 自社のケアプラン作成支援AI「CPA」に学習させます。
  3. CPAをケアマネジャーにご利用いただき、 ケアプランの推薦精度や満足度を検証します。
  4. ご協力いただいた事業所に実証実験の結果をご報告するとともに、 同市には、 ケアプランデータの分析結果を提供することにより、 ケアプランの質の向上や、 自治体の政策支援に役立てます。 また、 ケアプラン等のデータをもとに、 「ミルモシリーズ」の検索性向上へ活用します。

実証実験の概要

実証実験の概要

■株式会社ウェルモ 会社概要

福祉の社会課題を解決するITソーシャルベンチャー。 ケアプラン作成支援AIの「CPA」、 介護の地域資源情報を集約するプラットフォーム「ミルモ」、 児童発達支援・放課後等デイサービス「UNICO」の事業を展開。

■本件に関する問合せ先

株式会社ウェルモ 東京オフィス 担当者:池田
Tel:03-6205-7308 Mail:ikeda_c@welmo.co.jp